毎日酷暑が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。
先日の平成30年7月豪雨に遭われた皆様におかれましては心よりお見舞い申し上げます。
熱中症にどうぞご用心ください。

さて、8月に入り、いよいよお盆の季節が近づいて参りました。
当寺の駐車場のご案内です。

◎利用可能日時
隣地駐車場(上記写真):8月2日(木)~16日(木)
本堂下駐車場:8月11日(土)~16日(木)※2日~10日は幼稚園の預かり保育の為、利用できません。

参拝時間:9時~18時

敷地内を通行される際は、歩行者にご注意ください。

なお、寺の前の道路は一方通行です。お帰りの際は、右折でお願い致します。

皆様どうぞお参りください。

5月26日(土)永代経法要をお勤め致しました。

仏器磨きでピカピカになった仏具と、朱蝋燭を荘厳し、饅頭・果物をお供えいたしました。

今回は、糸島市長楽寺副住職、本願寺派布教使の川﨑潔師をご講師にお招きし、ご法話を頂きました。阿弥陀様のお話を分かりやすくお伝えくださいました。

 

午前の部の後は、婦人会の皆様のお斎(精進料理)を頂きます。光明寺伝統の味をご賞味頂きました。

午後になり、天気が回復したので、法要幕と仏旗を掲げます。法要が引き締まります。

午後の部も川﨑先生に引き続きご法話いただきました。阿弥陀さまのお慈悲を分かりやすくお伝えいただきました。

ご参詣いただきました皆様、ありがとうございました。

5月16日(水)午前9時半より、仏器磨き・大掃除を行いました。

本堂・納骨堂の仏器を降ろす為、このように寂しい本堂になります・・・

当日は約20名の方に、御参加頂きました。皆様一生懸命お磨きしていただきました。

降ろした仏具を分解し、一つ一つを磨き粉とサラシや紙などを用いて、手作業で磨いていきます。一枚目・二枚目の写真と比べると違いが分かります。

皆様の御蔭で12時までに全て磨き終わりました。御参加頂きました皆様、ありがとうございました。

年2回、5月の永代経法要、10月の報恩講法要前に行っております。どなたでも参加出来ます。初心者の方でも大丈夫です。どうぞ御参加ください。

新緑の季節になりました。皆様元気にお過ごしでしょうか。

恒例の永代経法要のご案内です。

日時:
5月26日(土)
午前の部 午前10時~12時
午後の部 午後1時半~3時半

ご講師:
本願寺派布教使・糸島市長楽寺副住職
川﨑 潔 師

お勤め:
午前の部 正信偈(草譜)
午後の部 しんじんのうた

持ち物:
聖典(貸出用ございます)、お念珠、門徒式章(お持ちの方のみで結構です)

今回も30代の若い先生にお越し頂きます。
また、午前の部終了後、婦人会の方々による精進のお斎接待がございます。

午前の部・午後の部どちらかでも結構です。どうぞお参りください。

桜の花もすっかり散り、気温の差が激しいこの頃ですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

さて、少し前になりますが、3月21日(水)午前10時、午後1時半より、春季彼岸中日法要をお勤め致しました。

午前の部は、約110名の方に、

午後の部は、約30名の方にご参詣頂きました。

季節外れの寒さで、雨が降り、足元の悪い中でしたが多数の方にご参詣いただき、ありがとうございました。

次の法要は、5月26日(土)の永代経法要です。午前10時、午後1時半からです。

どうぞお参りください。

寒さも徐々に和らぎ、春らしくなってまいりました。
皆様元気でお過ごしでしょうか。

梅の花が咲いてきましたね。お寺の桜はまだ蕾ですが・・。

恒例の春季彼岸中日法要のご案内です。

日時:3月21日(水)

午前の部 午前10時~11時30分
午後の部 午後1時30分~3時

※本堂下と隣地に駐車場がございますが、台数に限りがあります。出来るだけ公共交通機関や近隣の有料駐車場をご利用ください。
※過去帳・お位牌をお持ちください。

今回も2座ございます。ご都合の良い時間でどうぞお参りください。

 

法要

元旦法要

大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

平成30年1月1日(月)13時半より、元旦法要をお勤めいたしました。

当日は天気に恵まれ、新しい年の始まりを清々しい気持ちで迎えることができました。

蝋燭は全て朱蝋燭です。光明寺では、特別な法要の時は、白ではなく、朱色の蝋燭を用います。

正月ということで、鏡餅をお供えします。年末に、寺族とご縁の方で餅つきをした餅です。
お供え物は、正面が鏡餅、内側から落雁、果物です。

浄土真宗の開祖、親鸞聖人様の絵像です。

本願寺第八代目の蓮如上人様の絵像です。

お供え物は、右側が鏡餅、左側が果物です。

お勤めの後、副住職、住職の順でご法話させていただきました。
約50名の方にお参りいただき、有難い事でした。

法要後、おぜんざいを召し上がっていただきました。

記念品は、京都の西本願寺の門前にあります、薫玉堂のお線香でした。
創業420余年の老舗で、西本願寺でもお香等が使用されている名店です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

ご案内が遅くなりましたが、来年最初の法要、元旦法要のご案内です。

日時:平成30年1月1日(月) 13時30分より

おぜんざい接待と、記念品がございます。

新年最初の法要です。どうぞお参りください。

ご関係の皆様には、今年一年大変お世話になり、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

法要

報恩講法要

去る10月21日(土)午前10時、午後1時30分より、報恩講法要をお勤めいたしました。

内陣の両余間に、親鸞聖人のご生涯を描いた「御絵伝」を懸けます。
報恩講法要は、浄土真宗の開祖親鸞聖人のご遺徳を偲び、その御恩に報謝しつつ、私自身が仏法を聞かせていただく法要です。
御絵伝を懸けるのは、目で親鸞聖人のご生涯を味わい、ご遺徳を偲ぶためでしょう。

今回より、午後の座で、登礼盤(とうらいばん)作法を行うため、礼盤一式を設置。打敷を荘厳します。

礼盤一式はこちらです。左と前の机に、打敷(荘厳に用いる装飾布)を敷きかけます。

お供え物は、内側から、餅、落雁、果物です。

今回のご講師は、山口県岩国市より、月空寺ご住職、本願寺派布教使の岸弘之先生にお越しいただきました。
先生は、私(副住職)が京都でお経を専門に勉強する勤式(ごんしき)指導所に通っている時に、同じ班で大変お世話になった方です。

絵本を用いるなど、分かりやすく丁寧にお話ししていただきました。

午前の座終了後、婦人会の方がご用意していただいた、お斎接待です。
前日から準備していただいた味は、光明寺伝統の味です。
美味しくいただきました。

午後1時30分より、午後の座です。私が導師を勤めさせていただき、登礼盤作法を行いました。

那珂組白鵠会(なかそびゃっこうかい)の皆様に、御出勤いただき、雅楽を演奏していただきました。

午後も、岸先生からご法話をいただきました。谷川俊太郎さんの詩を用いるなど、分かりやすく丁寧にお話ししていただきました。

ご参詣いただきました皆様、ありがとうございました。